猫ちゃんにおすすめ

気まぐれ猫ちゃんがお気に召すことが私たちのし・あ・わ・せ

気まぐれ猫ちゃんがお気に召すことが私たちのし・あ・わ・せ

なが〜く一緒に暮らす

猫ちゃんのいる暮らし。
まったりとゆったりと、時には激しく、そして、密かに、じっと見つめる。不思議な安堵感。当たり前の暮らしがお互いに快適で長く続くことを誰しもが願います。
今日の食欲、運動、毛つや、目の輝き、排泄の量、外に出る猫ちゃんの場合は、怪我が無いか、体の不具合は、など、一緒に暮らす飼い主は、毎日要チェック!
気温の変化にも気をつけて、老猫になったらウェアを着せてあげたほうが猫ちゃんは特に良いと思います。ですから、その準備も若いときからウェアになれさせてあげる事も必要。
長毛種の猫ちゃんは、毛玉を吐く回数や、量が短毛種の猫ちゃんより多いようです。そして、吐く事で体力が落ちる事も考えるべき。
ゆったりしている癒しの暮らしも、日頃から物が言えない猫ちゃんを思って、いろいろ準備してみる事も楽しみのひとつです。
そうそう、一番忘れては行けない事。それは、迷子にさせない事です。必ず家に帰れるとは限らない事も頭に入れておいて下さい。
それには、首輪をする事。その首輪に連絡先が付いている事をおすすめします。
「ウチの猫がいなくなりました。毛の色は茶色で白が混じっています。しっぽは長くふさふさ。首輪はつけていません。」実際、私たちの猫がいなくなり、探していた時に特徴を聞かれ話した言葉です。
もし、首輪をつけていたら、首輪の色を言えたのに、名前や連絡先が付いていたら、連絡が来たのに、と、後悔した事を思い出します。
うちの子はいなくならない。と、誰しもが思います。しかし、実際に、起こるものなのです。
さあ、猫ちゃんとの暮らしを一日でも長く楽しくお過ごし頂けるヒントをご紹介します。

猫ちゃんに必要なもの

猫の首輪
猫ちゃんの首輪
CATフラワーリボンカラー

猫ちゃんの首輪ってわんちゃんの首輪とどう違うの?

猫ちゃんの首はとても華奢です。
だから、猫ちゃんはお散歩をしないし首輪は必要ではないとお考えではありませんか?
室内だけで暮らす猫ちゃんも獣医さんやペットホテルなど外に出るケースも長い一生の間では多々あることです。
外飼いの猫ちゃん、外と家を行き来する猫ちゃんは特に飼われている事を示す為にも首輪は必要です。
猫ちゃんを家族に迎い入れ、首輪のサイズが決まる多きさに成長するのはだいたい6、7ヶ月ぐらいです。その頃には、うちの子識別として首輪をつけてあげましょう。出来れば、首輪に連絡先が刻印されているプレートが付いている物が良いでしょう。
BIRDIEブランドは、連絡先、猫ちゃんのお名前を刻印したシルバー色の軽いアルマイトプレートとゴールド色の真鍮プレートがあります。このプレートは、首輪が経年変化で汚れたり、万が一噛み付いて亀裂が生じたりしても、取り外して新しい首輪に取り付けられますので、プレートは、ほぼ猫ちゃんの一生ものとして、飼い主の愛情を注ぐ大切な物になるはずです。
もちろん、沢山のデザインの猫ちゃんの首輪を毎年発表しているBIRDIEでは、季節に応じて素材が違ったり、可愛いもの、スタイリッシュなもの、とお好みでお選び頂けるように取り揃えています。
しかし、共通しているのは、華奢な首に負担がないよう、軽い仕上がりとソフト感を常に意識しています。
そして、ワンタッチバックルは、首輪が何かにひっかかって猫ちゃんが動けなくなる事を避ける意味で引っ張ると外れるバックル(セーフティバックル)を使用しています。
首のサイズ調整ができることも重要です。フィット感があり毛量などでサイズを調整してあげることで首の回りを足で掻く猫ちゃんには必要です。

SS スターソフトハーネス
猫ちゃんのハーネス

猫ちゃんのお散歩と避難時

室内飼いの猫ちゃんが飼い主さんとお散歩に出掛ける光景を近年目にします。
とても楽しい光景です。
猫ちゃんの首は柔らかく首が抜けやすいので、ちょっとした音などにも敏感に反応して首輪が抜けてしまわないように注意しなければなりません。そこで胴輪(ハーネス)をおすすめします。
始めはなれない子もいるかと思いますが、室内で試着しながらならしてください。その時確認したいのは、ハーネスからすりぬけてしまわないような装着サイズにする事です。猫ちゃんの体は柔らかく思いもかけない角度でハーネスをすり抜ける事も簡単に出来ます。良く注意して何度も試してみて下さい。
そうする事で万が一、災害時の時にもハーネスをつける事で飼い主の負担が少なく猫ちゃんを側に安心しておく事が出来るはずです。
BIRDIEでは、簡単に装着出来るハーネスとリード一体型の物もご用意があります。いざという時の備えとしてご準備される方が増えています。

猫ちゃんベッド カドラー猫ちゃんカドラー
カドラー

まったりの〜びのび、居心地のよいベッド

猫ちゃんは、良く寝ます。
私たちのベッドの中、ソファー、日だまりの窓辺、どこでも気持ち良さそう。でも、自分の居場所は確保したい。だから、居心地のよいカドラーを用意してあげたい物です。

猫ちゃんのおもちゃ
猫のおもちゃ

遊ぶ事でストレス発散?猫ちゃんもストレスあるの?

毎日お散歩にでるわんちゃんと違い、室内で暮らす猫ちゃんにとって、飼い主と遊ぶ事は彼らにとって楽しい時間、と、アクティブな運動。
シャカシャカした音が出るおもちゃやピューンとした猫じゃらしはまったりな日常の中に野生の昔を呼び覚ます何かワクワクしたものが湧き出てくるのでしょう。そんな表情を見て、一緒に暮らす私たちが癒されています。

ハナカラクサピンク財布
ハナカラクサ財布

猫の雑貨は猫好きにはたまらなーい!

猫好きの方はとにかく猫の絵が付いたものを身につけたり身の回りに置きたいですね。
軽井沢バーディはわんちゃんのアクセサリーがわんさかあるので猫の物は少ないと思われるかもですが、実は、猫の絵がついた雑貨も沢山あります。昔から軽井沢バーディのお客様の滞在時間は超ロング!それは、掘り出し物があるからなのです。作家のものや、一点もの。猫好きの方はじっくりゆっくりお選び頂いています。このサイトでもひとつづつご紹介していきます。入荷したら、新着に乗せますのでチェックして下さい。

猫ちゃんのウェア
猫ちゃんのウェア

保温と被毛対策にウェアを

私たちの猫は21歳になります。
1歳の時泌尿器の病気をしてから元気にゆったり暮らし、10歳で1週間家出(家に帰れなくなった)をし、18歳で肝臓病で入院、老衰かと思いきや、そこから復活したのはウェアの効果でした。それまウェアは着せた事が無かったのですが、長毛猫ゆえ、毛繕いで大量の被毛を吐き、それで体力が消耗し、寒さも始まった時期に弱ったようでした。
少し元気になりかけ、暖かさの為にウェアを着せてみたら、見る見るうちに元気になってきました。(ちょうど元気になる時期だったのかも知れません)それから、寒い時期はウェアを着せています。
そうすると毛玉を吐き出す回数も減り、体力もダウンしなくてすんでいるようです。
この話をすると皆様同じケースの方がいらしたり、実践したりして、皆様元気でお過ごしです。
よって、私たちは、寒い時期、老猫ちゃん、病後の猫ちゃんにウェアをおすすめしています。

TOP